岡崎市で家族信託・相続の手続きを専門に行っている事務所です。家族信託とは、家族信託の活用事例紹介、家族信託の手続きの流れを紹介しております。家族信託について詳しく知りたい方向けの無料セミナーも、毎月第3水曜日に開催しております。

不動産(アパート等)を生前贈与するか、家族信託で託すか?

  • HOME »
  • 不動産(アパート等)を生前贈与するか、家族信託で託すか?

不動産(アパート等)を生前贈与するか、家族信託で託すか?

「そろそろアパートの管理を息子に任せたい」と思ったお父さん。「息子にアパートを生前贈与しよう」と考えました。

息子に相談すると、「税金がたくさんかかるから、生前贈与はやめてほしい」と言われてしまいました。

そうです。税金のことを考えなければなりません。

生前贈与をすれば、贈与税がかかります。贈与税の税率は高いです。

たとえばアパートの土地建物の贈与税評価額が7000万円で、父から息子に生前贈与したとすると、

 (7000万=110万)×55%-640万=3149.5万円

こんなに贈与税がかかるのです(令和1年7月現在)。

税金は贈与税だけではありません。登録免許税と不動産取得税もかかります。

 

「アパートの管理を息子にまかせたい」のであれば、わざわざ高い税金を支払って、生前贈与をする必要はありません。「家族信託」をすれば良いのです。

「家族信託」で息子に託しておけば、アパートの管理は息子にしてもらえます。

「託す」のであって、「贈与する」のではないので、もちろん、贈与税はかかりません。

息子はアパートを「託される」のであって、「取得する」のではないので、不動産取得税もかかりません。

「家族信託」をすると、息子が信託による所有者となります。その旨の登記をします。その時に登録免許税がかかりますが、贈与と比べると税率が低いので、安いです(贈与は2%、信託は土地0.3%・建物0.4%)。

「父が死亡したら、家族信託が終了し、アパートは息子がもらう」としておけば、そのときに相続税がかかります。これは、「家族信託」をしていない場合に、父が死亡して息子がアパートを相続する場合と同じ。損も得もありません。

安易に贈与をしてしまって、高い税金を支払うことになってしまってはたいへんです。

ぜひ「家族信託」をすることを考えましょう。

 

 

類似の事例

アパートの管理を長男に頼みたい

 

お気軽にご相談ください TEL 0564-54-6330 受付時間9:00-18:00[土日祝除く]
岡崎家族信託・相続手続き事務所
(運営:池田千恵司法書士事務所)

PAGETOP