岡崎市で家族信託・相続の手続きを専門に行っている事務所です。家族信託とは、家族信託の活用事例紹介、家族信託の手続きの流れを紹介しております。家族信託について詳しく知りたい方向けの無料セミナーも、毎月第3水曜日に開催しております。

妻の介護費用を成年後見人に任せるか、家族信託で託すか?

  • HOME »
  • 妻の介護費用を成年後見人に任せるか、家族信託で託すか?

妻の介護費用を成年後見人に任せるか、家族信託で託すか?

老々介護で認知症になった妻を看ているお父さん。「自分が倒れた後、もしくは死亡した後は、たとえ費用が高くても、良い介護施設に入れてやりたい。妻がお金に困らないようにしておこう」と考え、「すべての財産を妻に相続させる」という遺言を作ろうと思っています。

でも、よく考えたら、お金がたくさんあっても、妻は自分でそれを使えません。どうしたら良いのでしょう。

判断力の無くなった人のお金を管理するには→「成年後見人」。成年後見人は判断力の無くなった人の財産を管理し、減らさないよう守ってくれます。ということは、“費用が高い介護施設”には入れてもらえそうにありません。

では、どうしたら良いでしょう。

お勧めは「家族信託」です。妻の介護費用に充てたいお金を娘に託しておくことができます。そうすれば、お金の管理は娘がしてくれるので、成年後見人を立てる必要はありません。遺言は死亡してからしか効力がありませんが、家族信託は信託契約をした、そのときから効力があります。お父さんが病気で倒れてしまったときでも、託された娘が管理してくれているので安心です。

 

 

類似の事例

私は元気!でも妻は認知症!!対策は?

お気軽にご相談ください TEL 0564-54-6330 受付時間9:00-18:00[土日祝除く]
岡崎家族信託・相続手続き事務所
(運営:池田千恵司法書士事務所)

PAGETOP