岡崎市で家族信託・相続の手続きを専門に行っている事務所です。家族信託とは、家族信託の活用事例紹介、家族信託の手続きの流れを紹介しております。家族信託について詳しく知りたい方向けの無料セミナーも、毎月第3水曜日に開催しております。

家族信託とは

  • HOME »
  • 家族信託とは

信託とは?

「信託」とは、ズバリ!「信じて託す」ことです。

信託の基本的な登場人物は3人。

 1.委託者(いたくしゃ):財産を託す人

 2.受託者(じゅたくしゃ):財産を託される人

 3.受益者(じゅえきしゃ):財産から利益を受ける人

誰が 委託者が
何を 自分の財産(信託財産)を
何のために 信託目的(委託者が決めます)のために
誰に 受託者に
誰のために 受益者のために
何をしてもらうことを 管理・運用してもらうことを
どうする 託す(=信託する)

一番身近な例をあげます。

例:父が、父所有のアパートを、アパートからの家賃収入で父の生活の安定を維持することを目的として、長男に、父本人のために、アパートを管理・運用してもらうことを託します。

この場合は、委託者(父)=受益者(父)です。このように、自分のために管理・運用してもらうことを「自益信託」といいます。(図1)

誰が 父が
何を アパートを
何のために アパートからの家賃収入で、父の生活の安定を計るために
誰に 息子に
誰のために 自分(父)のために
何をしてもらうことを 管理・運用してもらうことを
どうする 託す(=信託する)

 図1 自益信託
  

一方、自分以外の誰かのために託す場合は、「他益信託」といいます。

例:父が、父所有のアパートを、アパートからの家賃収入で母の介護費を支払うことを目的として、長男に、認知症になってしまった母のために、アパートを管理・運用してもらうことを託します。(図2)

誰が 父が
何を アパートを
何のために アパートからの家賃収入で、母の介護費を支払うために
誰に 息子に
誰のために 母のために
何をしてもらうことを 管理・運用してもらうことを
どうする 託す(=信託する)

図2 他益信託

  

 

家族信託とは?

信託」と聞くと、「信託銀行」を思い浮かべる方が多いでしょう。信託銀行や信託会社は、銀行法などによる免許や許可をとって信託業務をしています。不特定多数の人を相手に、反復継続して、営利目的のために、業として信託を行っています。これを「商事信託」といいます。
一方、免許や許可が必要がなく、特定の人のために、一度限り、お金儲けのためではなく、信託を行うこともできます。これを「民事信託」といいます。
民事信託のうち、託す人(委託者)、託される人(受託者)、その利益を受ける人(受益者)が家族の場合を「家族信託」と呼んでいます。「家族の、家族による、家族のための信託」です。

では「家族信託」の「家族」とは、どの範囲までなのでしょう。

実は、「家族が家族のために行う信託を、家族信託と呼んでいます」というとおり、「家族信託」とは呼び名であって、法律の規定ではないので、厳密な範囲が決まっているわけではありません。

信頼できる家族や親族に託す。それが「家族信託」です。

(一般社団法人 家族信託普及協会会員:司法書士 池田千恵)

家族信託を活用した事例

  1. 空き家対策・実家対策・認知症対策
    ⇒事例【
    空き家となる実家を売るには
  2. 生前贈与の継続(相続税対策)
    ⇒事例【アパートの管理を長男に頼みたい
  3. 先祖代々の土地を直系で守る:長男に子供がいない場合など
    ⇒事例【子供がいない夫婦。先祖代々の財産はどうする?
  4. 遺言ではできない、次の次を指定:受益者連続型信託(後継ぎ遺贈型信託)
    ⇒事例【遺言ではできない、家族信託ならできる後継ぎの指定(後継ぎ信託)】
  5. 再婚した親の相続財産の分散を防ぐ
    ⇒事例【父親の再婚相手と財産トラブルにならないために
  6. 高齢者や障がい者などの生活支援のための財産管理(福祉型信託)
    ⇒事例【障がい者である長女の生活を、次女に頼んでおく方法
  7. 不動産の共有問題の解消(受益権の共有)

岡崎家族信託・相続手続き事務所のメリット

家族信託専門の窓口です

まずはお客様が抱える問題が家族信託を活用できるか?という視点でご相談を聞かせて頂きます。

もし、ご相談内容をお聞かせ頂いた結果、家族信託を活用できない場合でも他の方法をご提案させて頂きます。

岡崎で相談が受けられます

家族信託は都市部では認知度も徐々に浸透してきており、取り扱う事務所も増えてきておりますが、岡崎市、幸田町周辺では専門に扱う事務所があまりないのが現状です。

岡崎市、幸田町周辺にお住まいの方であれば遠方に相談に行くことなくお近くで専門的な相談をすることができます。

登記および相続手続きのプロである司法書士が対応します

信託財産のうち不動産については、委託者から受託者への「所有権移転及び信託の登記」が必要です。登記のプロである司法書士にお任せください。

また、司法書士は相続登記をはじめとして相続手続きに精通しています。家族信託を考えるうえで、相続人や相続分は大切な要素です。司法書士は相続人の確定や相続分・遺留分、遺産分割協議などについて精通しています。

そして、司法書士は遺言や成年後見申立ても得意としています。家族信託だけを考えるのではなく、遺言や成年後見と併用したほうが良い場合も出てきます。その判断や手続きをするのは、やはり司法書士が一番向いていると考えます。

毎月第3水曜日開催の「家族信託セミナー(無料)」のご案内

当事務所では毎月第3水曜日に無料で参加できる「家族信託セミナー(無料)」を開催しております!是非、ご活用ください。

毎月第3水曜日開催!家族信託セミナー
参加費:無料
時間:18:00~19:00

随時受付中!
詳しくはこちら

家族信託を活用した事例一覧

空き家となる実家を売るには…

アパートの管理を長男に任せたい

私は元気!でも妻は認知症!!
対策は?

子供がいない夫婦。先祖代々の財産はどうする?

遺言ではできない、家族信託ならできる
2世代以上先の後継ぎの指定
(後継ぎ信託)

父親の再婚相手と財産トラブルにならないために

障がい者である長女の生活を、次女に頼んでおく方法

 

PAGETOP