岡崎市で家族信託・相続の手続きを専門に行っている事務所です。家族信託とは、家族信託の活用事例紹介、家族信託の手続きの流れを紹介しております。家族信託について詳しく知りたい方向けの無料ミニセミナーも、毎月第3水曜日に開催しております。

相続を遺言で決めておくか、生前に家族信託で託すか?

  • HOME »
  • 相続を遺言で決めておくか、生前に家族信託で託すか?

相続を遺言で決めておくか、生前に家族信託で託すか?

 

喜寿(77歳)のお祝いをしてもらった、お父さん。実は、このごろ時々もの忘れをすることがあり、自分の今後について、少し不安になっているところです。

「今のうちに遺言を作って、『アパートは長男に相続させる』としておこう。そうすれば、後は長男にまかせられる。」と考えました。

でも、遺言は、遺言をした人が死亡して初めて効力を生じるもの。それまでは何もできません。もしも、お父さんが認知症になって、自分でアパートの管理ができなくなっても、息子は手が出せません。いくら遺言で後継者として指定されているから、と言っても、遺言が効力を生じていない間は、何もできないのです。

これから考えなければならないのは、判断力が無い状態(認知症等)で長生きをした場合のこと。

厚生労働省によれば、「2025年には認知症の人が約700万人。5人に1人の割合いになる」と推計されています。これからは死亡後のことを考えるだけではなく、「認知症になった後のこと」を考えなければなりません。

そこでお勧めなのは「家族信託」。

「家族信託」は、信託契約をした時から息子にまかせることができます。そして、死亡後のことも決めておくことができます。生きている間も、死亡後も、まかせて安心。それができるのが「家族信託」です。

類似の事例

アパートの管理を長男に頼みたい

お気軽にご相談ください TEL 0564-54-6330 受付時間9:00-18:00[土日祝除く]
岡崎家族信託・相続手続き事務所
(運営:池田千恵司法書士事務所)

PAGETOP