岡崎市で家族信託・相続の手続きを専門に行っている事務所です。家族信託とは、家族信託の活用事例紹介、家族信託の手続きの流れを紹介しております。家族信託について詳しく知りたい方向けの無料ミニセミナーも、毎月第3水曜日に開催しております。

父親の再婚相手と財産トラブルにならないために

  • HOME »
  • 父親の再婚相手と財産トラブルにならないために

遺産分割対策:父親の再婚

 

80歳の父が「再婚したい」と言い出しました。長男は、「父が幸せになるのなら、再婚も良いだろう。しかし、父の財産が父の再婚相手に取られてしまうことはないだろうか」と心配です。

父の相続が起きれば、父の再婚相手は父の財産の半分を相続する権利があります。父の財産は自宅とアパート、それに銀行預金です。

父は、自宅で再婚相手と二人で暮らしたい様子。「遺言を作り、長男にすべて相続させることにするから、心配いらない。ただ、自分が死んだ後もここに住まわせてやってほしい」と言います。それでも長男は、父の再婚相手が居住権などを主張してこないか、やはり心配です。

そこで、「家族信託」です。

家族信託を使えば、「自宅のみを父の財産から分離して、第一は父、第二は父の再婚相手のために利用する。最後は長男のものとする」ということができます。つまり、父と父の再婚相手が自宅に住み、父亡き後も父の再婚相手がそのまま住むことができ、そしてその人が亡くなった後は長男が受け継ぐということができるのです。

自宅以外の財産、アパートや銀行預金は別の家族信託を契約して、「長男が父のために管理し、父が亡くなったら父の再婚相手には行かず、長男が受け継ぐ」とすることができます。

再婚を望んでいる父の願いを叶えつつ、財産の散逸を防ぐことができる、それが「家族信託」です。

家族信託を活用した事例一覧

空き家となる実家を売るには…

アパートの管理を長男に任せたい

私は元気!でも妻は認知症!!
対策は?

子供がいない夫婦。先祖代々の財産はどうする?

遺言ではできない、家族信託ならできる
2世代以上先の後継ぎの指定
(後継ぎ信託)

父親の再婚相手と財産トラブルにならないために

障がい者である長女の生活を、次女に頼んでおく方法

お気軽にご相談ください TEL 0564-54-6330 受付時間9:00-18:00[土日祝除く]
岡崎家族信託・相続手続き事務所
(運営:池田千恵司法書士事務所)

PAGETOP