岡崎市で家族信託・相続の手続きを専門に行っている事務所です。家族信託とは、家族信託の活用事例紹介、家族信託の手続きの流れを紹介しております。家族信託について詳しく知りたい方向けの無料ミニセミナーも、毎月第3水曜日に開催しております。

障がい者である長女の生活を、次女に頼んでおく方法

  • HOME »
  • 障がい者である長女の生活を、次女に頼んでおく方法

障がい者福祉信託:親亡き後問題

 

長女は障がい者で独身です。夫は亡くなり、今は私と長女の二人で暮らしています。私が亡くなった後、長女の生活が心配です。生前贈与や遺言を利用して、長女名義の財産を作っても、長女はそれを自分では管理できません。

次女は結婚して子供もいます。次女に長女のことを頼んでおきたいと考えています。

このケースの場合、たとえ、遺言で「銀行預金〇〇円は長女に相続させる。その管理は次女にお願いする。自宅とアパートは長女と次女に2分の1ずつの割合で相続させる。その管理は次女にお願いする。」としたところで、「その管理は次女にお願いする」のところは、本当にただの「お願い」であって、効力や強制力はありません。

そこで「家族信託」です。

あらかじめ、次女に頼んでおくことができます。頼み方は、家族信託の内容を考えて決めます。たとば、「銀行預金〇〇円は長女のために次女が管理する。自宅とアパートは次女が管理し、長女と次女が半分ずつ利益を受ける。そして長女亡きあとはすべてを次女が受け継ぐ。」とすることができます。

これが「障がい者福祉信託」と呼ばれるものです。

家族信託を活用した事例一覧

空き家となる実家を売るには…

アパートの管理を長男に任せたい

私は元気!でも妻は認知症!!
対策は?

子供がいない夫婦。先祖代々の財産はどうする?

遺言ではできない、家族信託ならできる
2世代以上先の後継ぎの指定
(後継ぎ信託)

父親の再婚相手と財産トラブルにならないために

障がい者である長女の生活を、次女に頼んでおく方法

お気軽にご相談ください TEL 0564-54-6330 受付時間9:00-18:00[土日祝除く]
岡崎家族信託・相続手続き事務所
(運営:池田千恵司法書士事務所)

PAGETOP