「認知症対策」って何?

認知症の予防方法?

いいえ、違います。

認知症の人への対応のしかた?

いいえ、違います。

「認知症対策」とは、

認知症になったら困ることを、

あらかじめ

困らないようにしておくこと。

まあ、“対策”とは、

そういうことですよね(^0^)

 

では、何が困るのでしょう?

物忘れがひどくて困る?

徘徊して困る?

それは医学的な話。

 

何が困るかというと…

「認知症による預金凍結!!」

これが一番困ること!

キャッシュカードがない、

あるいは暗証番号がわからない。

 

本人を銀行に連れて行ったら、

「理解できていないようですね。

これでは、

もう預金を動かせません。」

と言われてしまう。

銀行預金が解約できない!

「認知症による預金凍結!!」

これが一番困ること!

 

親の介護費用は、

親の銀行預金を

使うつもりだったのに…

 

母も

「老後費用は貯金してあるから、

大丈夫だよ」

と言っていたのに…

 

その銀行預金が

凍結されて使えない!!

 

たいへんだぁ~~!

「認知症対策」とは、

「認知症による

資産(財産)の凍結を防ぐ対策」

 

認知症で銀行預金が解約できない。

そうなる前に対策が必要です!

 

お勧めは

「家族信託」で

あらかじめ託されておくこと!

 

信託銀行のように

“商売”で信託をするのではないので、

ずっと手数料や報酬を

払い続ける必要は、なし!

 

身近な、

信頼できる家族で

できます!

 

「認知症対策」は

「家族信託」で!!