「成年後見」より「家族信託」!

自分は病気、

妻は認知症。

 

妻が認知症だからと言って、

夫である自分より

早く亡くなるとは限らない。

もともと、

妻の方が歳が若いし、

女性の方が平均寿命が長い。

 

一般的に考えると、

自分より妻が長く生きる。

 

では、

どうやって

認知症の妻の生活を

支えていくか?

 

自分の病気も

心配だ。

妻に財産を残しても、

妻は認知症で、

自分で管理できない!

 

成年後見制度を使って、

子供に

妻の成年後見人に

なってもらおうか?

 

でも、

成年後見人は

自由にお金を使えるわけではないし

家庭裁判所への報告義務など、

面倒だろうなぁ~。

 

それに今、

親族が成年後見人に選ばれるのは、

たった23・2%!

 

専門家(弁護士など)が

成年後見人に選ばれれば、

知らない人に財産を管理され、

一生、その人に

報酬を支払わなければならない。

 

やっぱり成年後見制度は

やめておこうかな~。

お困りですか?

実は、

良い方法があります!

 

それは

「家族信託」!

 

「家族信託」で、

自分の財産を

子供に託しておきます。

 

財産の全部を

託す必要はありません。

 

自分が先に亡くなった場合に、

残された妻の

老後費用。

 

プラス

自分が今後、

病気がひどくなるなど、

自分の看護療養費が

管理できなくなる場合に備えての、

自分の老後費用。

 

それを「信託財産」として、

子供に託しておくのです。

「家族信託」をして

子供に託しておけば、

自分の身体が弱っていっても、

大丈夫!

妻の認知症が進んでも大丈夫!

 

ですから、

「家族信託」がお勧めです!!