「子供がいなければ養子は2人まで、

子供がいれば養子は1人だけ」??

 

Q70

姉は、離婚して子供2人を引き取った後、

病気で死亡してしまいました。

姉の子供2人を養子にしようと思いますが、

私には子供が1人います。

「子供がいなければ養子は2人まで、

子供がいれば養子は1人だけ」と

聞いたことがあります。

姉の子供2人を養子にすることはできないのでしょうか?

A 

できます。

民法上、養子は何人でも、できます。

 

養子になると、養親との間に親子関係ができます。

 

通常の養子(「普通養子」といいます)は、

実の親との関係は、そのままです。

普通養子の親は、

実の親と養子縁組をした親との両方となります。

 

一方、「特別養子」をすると

実の親との関係が消滅し、

養親との親子関係だけになります。

「特別養子」は、

児童虐待や育児放棄など、

実の親が養育することが難しい場合に、

家庭裁判所の審判で認められるものです。

親子関係ができると、

親が死亡したときに、相続人になります。

 

相続税は基礎控除が

3000万円 + (600万円 × 法定相続人の数) 

で計算されます。

 

つまり、法定相続人が多ければ、

基礎控除額が大きくなる。

よし!たくさん養子縁組して、子供の数を増やせば、

法定相続人の数が多くなり、基礎控除額が大きくなるぞ!

相続税の節税だ~~!

 

いえいえ、それは許してくれません。

税法上、

控除額の計算に算入できる養子の数は

限られています。

それが

「子供がいなければ養子は2人まで、

子供がいれば養子は1人だけ」。

 

なお、

税法上の

算入できる養子の数の制限には、

例外があります。

特別養子や、

夫が妻の連れ子を養子とした場合などです。

民法上、養子は何人でもできます。

養子と養親は、親子関係となるので、

扶養の義務や相続の権利ができます。

 

一方、養子をすることによって

法定相続人の数は増えますが、

税法上、

控除の計算に入れることができる養子の数に制限がある、

ということです。