Q.再婚同士で結婚をし、1年後に夫が急死。

夫の前妻の子が、私に

「あなたとはもう関係ない。

姻族関係終了届を出して関係を断ち切り、

復氏届を出して苗字を変えてほしい」

と言います。

どういう意味でしょうか?

A.「姻族関係終了届」は、

配偶者が死亡した後、

その配偶者との婚姻によって親族となった人たちと、

親族であることをやめる届出です。

親族には血族と姻族があり、

血族は血縁関係でつながっている、

父、母、祖父、祖母、子、孫など。

姻族は婚姻関係でつながっている、

配偶者の父母、配偶者の兄弟姉妹、

配偶者の子(連れ子)などです。

配偶者が死亡した後でも、

配偶者の父母や配偶者の兄弟姉妹などとの

姻族関係はそのまま残ります。

この関係をやめるのが「姻族関係終了届」。

これは配偶者が死亡した生存配偶者

(夫が死亡した場合の妻・妻が死亡した場合の夫)

のみが提出することができるものです。

また、「復氏届」は、

配偶者の死亡後に

生存配偶者が

婚姻前の苗字に戻るための届出です。

ひとつ前の苗字に戻ります。

 

鈴木さんが結婚して田中さんになり、

離婚して鈴木さんに戻り、

再婚して竹田さんになった場合、

復氏をすると鈴木さんになります。

鈴木→田中→鈴木→竹田→鈴木

 

鈴木さんが結婚して田中さんになり、

離婚したときに婚姻中の名前を選んで

田中さんのままでいた場合、

その後再婚して竹田さんになった後、

復氏をすると、

ひとつ前の苗字ですから、

田中さんになります。

鈴木→田中→竹田→田中

 

「姻族関係終了届」や「復氏届」を出しても、

死亡した夫と離婚したわけではないので、

相続権はありますので、ご安心を。