父や母に家族信託の話をしようとしても、

受け入れてくれない。

「私は認知症じゃない!」

ばかり繰り返し言って、

こちらの話を聞いてくれない(泣)。

どうやって話を進めていけば良いのか・・・?

「認知症になると

銀行預金が凍結される」

「認知症になると

自分で自分の財産が管理できなくなる」

「認知症になると・・・」

つい、このように説明してしまいますが、

厳密に言うと、

「認知症」=(イコール)“何もできない状態”、

ではありません。

認知症とは、脳の細胞が壊れてしまったり、

働きが悪くなったりしたために、

もの忘れや性格の変化などが現れ、

生活に支障がある状態(症状)を言います。

脳の細胞が壊れてしまう原因の多くは

アルツハイマー型認知症と血管性の認知症。

判断力の低下は老化による“もの忘れ”よりも

ずいぶん早く進みます。

レビー小体型認知症は、

判断力が良い時と悪い時が

繰り返し起きながら低下していきます。

これが「三大認知症」。

この他には、

治るタイプの認知症もあります

(例:栄養障害によるもの、

正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫等)。

家族信託は、「家族信託契約」。

「契約」ですから、

契約内容をきちんと認識する、

「判断力」が必要です。

「認知症だからダメ」ではなく、

「判断力が無くなったらダメ」なのです。

 

認知症による“もの忘れ”は、

老化による“もの忘れ”よりも

自覚に乏しいと言われます。

また、不安になったり、

怒りっぽくなったりするのも

認知症の症状です。

 

親が「私は認知症じゃない!」とばかり

繰り返し言うのは、

自分の中に「認知症」という、

何か“悪いイメージ”があって、

とても不安になっているから

ではないでしょうか?

 

不安を取り除くことができて、

落ち着いて過ごすことができる状態になれば、

ゆっくり話ができるかもしれません。

 

認知症のことを理解して接することで、

「契約」ができないほど判断力が低下してしまう前に、

「家族で親を支えるための家族信託」を進めていくことができるかもしれません。