「家族信託」を司法書士に頼むメリット

  

「家族信託の相談をしたいが、どこへ行けばよいのかわからない」と思っていませんか?弁護士か、司法書士か、それとも税理士かな?

 

家族信託は、専門家の中でもまだまだ浸透していません。ですから、弁護士・司法書士・税理士等であれば誰でも相談を受けられるというわけではありません。答えは、「家族信託を専門にしている人に相談しましょう」となります。

 

中でも、司法書士に頼むメリットは次の3つです! 

①「登記のプロ」

司法書士には家族信託の相談から登記まで一貫して頼むことができます。信託財産のうち、不動産については、委託者から受託者への「所有権移転及び信託の登記」が必要です。その点、司法書士は登記のプロです。ご相談から登記完了まで一貫してお受けすることができます。

 

②「相続手続きに精通」

司法書士は、相続登記をはじめとする、相続手続きに精通しています。家族信託を考える上で、相続人や相続分は大切な要素です。司法書士は相続人の確定や相続分・遺留分、遺産分割協議などについて精通しています。普段から、相続手続きにおいて、戸籍謄本・除籍謄本等の取り寄せ、およびそこから相続関係説明図を作成することや、遺産分割協議書の作成等を行っていますので、司法書士にとっては得意分野です。

 

③「遺言や成年後見申立ても得意」

司法書士は遺言や家庭裁判所への成年後見申立ても得意としています。

家族信託は、必要に応じて遺言や成年後見制度の利用と併用することも考えられます。その判断や手続きをするのは、やはり司法書士が一番向いていると考えます。