Q63 私は「おひとりさま」。財産については遺言を作ろうと思っていますが、お葬式や、細々とした片付けなどは、どうしたら良いでしょうか?

A 「死後事務委任」という契約をする方法があります。

 私は独身。配偶者がいない、子供がいない。

 一人っ子だから、兄弟姉妹もいない。

 そして両親はもう亡くなっている。

 本当に「おひとりさま」

 

 おひとりさまが亡くなった場合、お葬式は誰がするのでしょう?

 病院の入院費の清算や、家の電気代・水道代の清算などもあるでしょう。

 そうしたことは、どうしたら良いのでしょうか。

 

 財産については、「すべての財産を、私の従妹〇〇に遺贈する」または「〇〇へ寄付する」などと、遺言を作れば良いです。

 

 しかし、お葬式や病院の清算などは、亡くなった、その時すぐに、誰かに動いてもらわなくてはなりません。それは遺言で指定しておいても、時間的に間に合わないでしょう。

 

 実は、「死後事務委任」という契約があります。

 死亡診断書の取得、病院内の荷物の撤収、入院費の清算、葬儀など。そういうことを、あらかじめ頼んでおくという契約です。

 この契約をしておけば、おひとりさまでも安心ですね。

 頼む相手は、司法書士・社会福祉士などの専門家であったり、寺院の僧侶の方であったりすることが多いでしょう。

 

 なお、この契約は、公正証書できちんと作っておくことをお勧めします。縁遠い親族の方や、遺言で財産をもらう方などと、もめないためにも、公正証書で作成しましょう。