親が75歳になったら、やっておきたい、たくさんのこと!!

葬儀費用の準備

 葬儀費用として、いくら準備しておけば良いのでしょう?

 

 それは葬儀をどう行うかによって、大きく左右されます。

 

 日本消費者協会「葬儀についてのアンケート調査」によると、

   一般的な葬儀費用の平均:約195万円

   直葬費用の平均:約20~30万円

 

 イオンのホームページによると、「イオンのお葬式」の通常価格は

 

 もちろん、経済的理由から、「葬儀費用は〇万円に抑えたい」などと考えるのは当然です。しかし、悔いの残る葬儀はしたくありませんよね。 親が「葬儀にたくさんのお金をかける必要はないよ」と言ってくれたとしても、それは「直葬をしてほしい」という意味ではなく、「一般葬ではなくて、家族葬にしてほしい」という意味かもしれません。直葬と家族葬では、お布施の有無など、その費用に大きな差があります。親の本音を聞き出すことが大事です。

 親(本人)の思い、家族や親族の思い、そしてお墓や後々の供養のことまで含めて、葬儀をどう行うか、葬儀にいくらかけるのかを、よく考えてみたいものです。

 葬儀費用は、葬儀会社のホームページで調べることができます。「生前見積もり」を行っている葬儀会社もあります。セミナーや個別相談会をしている葬儀会社もあります。

 「葬儀の話なんて、縁起でもない…」という時代ではなくなってきています。

葬儀費用としていくら準備しておけば良いのか。

 HPを見る、葬儀会社に問い合わせるなど、自分から行動を起こして、調べてみてはいかかでしょう。