「一筆書いてもらったけれど…」

 父が亡くなった後、子供ふたりが話をしています。

 

 長男「俺、お父さんに一筆書いてもらってあるんだ。」

   『すべての財産を、長男一郎へ渡す。

     還暦に寄せて      鈴木一男 印』

 

 長女「私も書いてもらってあるのよ」   

   『〇〇市〇ケ丘一丁目〇番の土地は、長女花子へ譲る。

         還暦になった父 鈴木一男 印』

 

 実は、父から「すべて長男に任せるように、書いてある」と聞いた長女が、「あの土地だけは私に頂戴!」と頼んで書いてもらっていたのです。

 

 どちらも日付がハッキリとは書いてありません。

 遺言は、後から書いたものの方が優先します。

 ですから、日付は大切な要件です。

 「還暦に寄せて」とは、満60歳の誕生日なのか、数えの60歳であって満年齢よりも1年早いのか、満60歳になる年の元旦なのか、はたまた61歳の誕生日の前日なのか…。

 とにかくハッキリしません。

 もちろん、「還暦になった父」では、日付が書いてあるとは言えません。

 

 せっかく書いてもらうのなら、しっかり書いてもらいましょう。

 文言としては、「渡す」「譲る」ではなく、「相続させる」。

 そして日付はハッキリ、キチンと書く。

 

 長女が父に書き直しを頼むのであれば、このように書いてもらうと良いでしょう。

 

   『〇〇市〇ケ丘一丁目〇番の土地は、長女花子に相続させる。

    そのほかの財産はすべて長男一郎に相続させる。

     平成30年6月15日      住所   鈴木一男 印』