親が75歳になったら、やっておきたい、たくさんのこと!!

介護施設を知ろう:民間施設 「有料老人ホーム」と「サービス付き高齢者向け住宅」

 介護施設で、ここ数年増えているのが、「有料老人ホーム」と「サービス付き高齢者向け住宅」(サ高住)です。

 どちらも民間施設なので、費用はそれなりにかかるようです。

 

 民間の「有料老人ホーム」。

 あなたが思い浮かべるのは、比較的元気な高齢者がみんなで暮らしている老人ホーム(住宅型)でしょうか。それとも、介護付きの老人ホーム(介護型)でしょうか。または、温泉付き高級マンションのような老人ホーム(健康型)でしょうか。

 「有料老人ホーム」は、その施設によって、色々です。医療や介護がどの程度受けられるのか、いつまで居られるのかなど、しっかり確認しなければなりません。

 入所一時金が必要なところ、保証金が必要なところなど、費用もまちまち。安い買い物ではないので、内容をよくよく確認しましょう。

 

 「サービス付き高齢者向け住宅」は、まだ介護の必要がない、比較的元気な高齢者のための施設です。

 では、「サービス付き」のサービスとは、どんなサービスなのでしょう。

 介護の必要がない人が入所するので、“介護サービス”ではありませんね。

 「サービス付き高齢者向け住宅」のサービスとは、

 ・安否確認サービス

 ・生活相談サービス

 この2つです。(えっ?これだけ?)

 ということは・・・。入所しているうちに認知症になり、要介護になった場合にはどうなるのでしょうか。

 それは施設によって違うようです。「重度の方の介護はできません」という施設もあり、「最期までお世話します」という施設もあるとのこと。入所するときにしっかり確認しておく必要がありますね。