親が75歳になったら、やっておきたい、たくさんのこと!!

増えてきた「リバースモーゲージ」

 

「リバースモーゲージ」とは、自宅に住みながら、自宅を担保に入れてお金を借りること。生きている間は元本の返済をしないで、亡くなった時に相続人がその担保不動産を売却するなどして、一括返済をするというもの。

 

以前は、リバースモーゲージの取り扱いは、東京スター銀行などのごく一部の金融機関に限られていました。それが最近では、にわかに増えてきているようです。

 

私の事務所のある、愛知県岡崎市でも、豊田信用金庫の「とよしんリバースモーゲージローン」、と碧海信用金庫の「へきしん リバースモーゲージ型住宅ローン」ができたのを確認しました。

 

豊田信用金庫のリバースモーゲージは、使い道が自由。

碧海信用金庫のリバースモーゲージは、住宅ローン型なので、家の新築やリフォーム資金、またはサービス付き高齢者向け賃貸住宅の入居一時金に利用できます。

 

このように、金融機関によって、使い道の制限があったり、あるいは申し込み時の年齢制限があったりします。もちろん、金利もそれぞれでしょう。

 

とにかく、「リバースモーゲージ」なのですから、いずれも「逆不動産担保ローン」なのです。最初にお金をバーンと借りて、毎月返済していくのではなく、その逆、毎月お金を借りて(毎月ではない場合もあり)、生存中は元本の返済はせず、死亡時に一括で返済をする、というものです。

死亡したら一括返済するのですから、借り入れ時に推定相続人、つまり子供たちの承諾が必要となります。

 

もし、興味をお持ちでしたら、近隣の金融機関で取り扱いがあるかどうか、調べてみてはいかがでしょう。そして、家族会議も必要ですね。