Q:再婚同士で婚姻届を出そうとしています。

戸籍謄本を取ったところ、

私の戸籍には離婚した妻の記載があるのに、

彼女の戸籍には離婚の記載がありません。

それどころか、出生の記載があるだけで、

結婚したことも、離婚したことも、

すべて載っていないのです。

彼女に聞いても「ふふふ」と微笑むだけ。

本当に彼女は結婚、離婚をしているのでしょうか?

A:戸籍が作り直されていますね。

戸籍を作り直すときには、

転記されずに消えてしまう項目があります。

以前、結婚して、離婚したことは、

転記されないで、消えてしまったのです。

本当に結婚、離婚していても

現在の戸籍には載っていない、ということです。

現在の戸籍の前の戸籍、

あるいはそのもうひとつ前の戸籍を調べていくと、

結婚、離婚したことが記載されているでしょう。

実際にあった事例です。

ある女性の戸籍が、たった1ヶ月の間だけ、

隣の市に転籍されていました。

1ヶ月後には、元の本籍地へ戻っていました。

いったい、何のために、

こんなことをしたのでしょう?

実は、この転籍により、戸籍が作り直され、

この女性の戸籍は、以前結婚して離婚したことが

きれいに消えたのです。

離婚のときに、親の戸籍に戻るのではなく、

新しい戸籍を作ることを選択できます。

すると、離婚した女性、一人だけの戸籍ができます。

ただ、この戸籍を作った理由として、

離婚した元夫の本籍と離婚の日付けが記載されます。

つまり、離婚したことがわかってしまいます。

そこで、他の市区町村へ転籍届を出します。

すると転籍後の戸籍には、この戸籍を作った理由として

転籍したこととその日付けが記載されます。

これで、もう結婚したことも離婚したことも、

一切記載されていない戸籍が出来上がるのです。

その後、元の本籍地へまた転籍をすれば、

「私の本籍はここ。戸籍謄本はこれ。」と、

きれいでさっぱりとした戸籍を見せることができます。 

この女性は、戸籍の仕組みを

とても良く知っていたのですね。