2019/8/18更新

Q60 父の戸籍謄本を見ても、前妻の子は載っていません。もう関係ないと思って良いのでしょうか?

A 今の戸籍謄本ではなく、以前の除籍謄本(または改製原戸籍謄本)に載っているのです。「関係ない」ことは、決してありません!

父には前妻との間に子供があるのに、今の戸籍謄本を見ても、載っていません。

 

それは、戸籍が作り替えられるときに、以前の記載が消えてしまうからです。

 

戸籍は事あるごとに作り替えられます。

 本籍地を他の市町村へ移転した。

 結婚した。

 結婚したときに名字を変えた人が離婚した。

 戸籍がコンピューター化されて改製された。 等々。

 

戸籍が作り替えられる場合、そのときに戸籍に在籍している者のみが移記されます。

離婚した前妻、前妻が引き取った前妻との間の子は、作り替えられた戸籍には載ってきません。

同じように、結婚して新しい戸籍へ出て行った子、養子縁組して養親の戸籍へ出て行った子も、作り替えた戸籍に載ってきません。

 

ですから、作り替えられる前の戸籍(除籍等)を見なければならないのです。

 

相続手続きのときに、「生まれてから亡くなるまでの戸籍を全部集めてください」とお願いするのは、そのためです。

 

ひとりっ子だと思っていたのに、兄弟がいた!

「子供を生んだことがない」と言っていた祖母に養子がいた!

 

親族関係は、特に「相続権が誰にどれだけあるか」にかかわります。

今の戸籍謄本を見るだけではなく、生まれてから亡くなるまでの戸籍を全部集めて、しっかり確認する必要があります。

 

決して、「もう関係ないから、記載されていない」わけではありませんよ!!