ブログ記事一覧

親の介護費用で”もめない”方法

今の60歳以上の方々は、自分の老後資金を きちんと貯めている方が多いようです。 総務省の家計調査(平成27年)では、 60歳以上の世帯貯蓄額は、2300万円~2400万円! しかし、悲しいかな、 高齢になれば身体的衰えや …… [続きを読む]

認知症になると、いつ銀行預金が凍結されるのか?

認知症になると、銀行預金が凍結される!! なぜ? 銀行は、本人が「私の預金を解約してください」 と言わないと、解約させてくれません。 定期預金を解約して普通預金に入れる場合も同様です。   本人が「私の預金を解 …… [続きを読む]

遺言ではできない“次の次”を「家族信託」で決めておく!

「自宅は同居している長男に継がせる。 でも、長男には子供がいないので、 その後は次男の子に継がせたい。」 お父さんのこの願いは叶うでしょうか? 遺言に書いておけば良い? 「自宅は長男(一郎)に相続させる。 一郎が亡くなっ …… [続きを読む]

親の老後資金が凍結される?

「銀行預金の名義人が死亡すると、その預金は凍結される」ということを知っている方は多いでしょう。 しかし、「銀行預金の名義人が認知症になる(判断力が無くなる)と、その預金は凍結される」ということを知っている方はどのくらいい …… [続きを読む]

遺言と家族信託(遺言代用信託)

相続法の改正で、「自筆証書遺言の方式の緩和」がされ、平成31年1月13日から施行されています。 これまで自筆証書遺言の要件であった「全文を自筆で書くこと」が、「財産目録は自筆でなくともよい」と改正されました。これにより、 …… [続きを読む]

まちゼミ「新しい相続と家族信託」

まちゼミ「新しい相続と家族信託」 「新しい相続と家族信託」セミナーのお知らせです。   第35回 得する街のゼミナール NO.76 「新しい相続と家族信託」 相続法の改正と家族信託をご紹介。 気軽にご質問もして …… [続きを読む]

家を売って施設に入りたい

妻に先立たれ、広い自宅に一人暮らし。「今はまだ大丈夫。でも、今後のことを考えると心配。いずれは家を売って、ちょっと良い施設に入ろうかな~」と考えているお父さん。 数年後、本当に一人暮らしが困難になってきたときには、“家を …… [続きを読む]

親の介護費用を預かっておきたい!

介護には、お金が必要。 親は自分の介護費用が家族に経済的負担をかけるであろうことが心配(57・6%)であり、子供世代は親等を介護する場合に自分の経済的負担が心配(52・4%)です(生命保険文化センター「令和元年度 生活保 …… [続きを読む]

「家族信託」をすれば父の財産が子の自由になる? 

「家族信託」をすれば父の財産が子の自由になる? 「認知症対策としての家族信託」。 父が認知症になって、銀行預金が解約できなくなるかもしれない。今のうちに託されておけば、銀行預金が凍結されるのを防ぐことができる。 1人暮ら …… [続きを読む]

「認知症」介護もたいへんだけど、お金も!~「家族信託」があります!

「認知症」介護もたいへんだけど、お金も!~「家族信託」があります!   将来、親が認知症になるかも・・・。子供世代は、そんな心配をしています。 心配の中身は、「介護、どうしょう」「介護はたいへんそうだな」という …… [続きを読む]

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 11
  12. 最後